宅建・史上最年少合格者の父による宅建合格ブログ

史上最年少合格者(当時小6)の父による宅建合格ブログです。これから宅建試験にチャレンジする方々に、最短距離で合格を勝ち取るためのノウハウを提供します。勝利の方程式&95%理論。®マーク付の記事はリライト版です。

宅建受験生への8のメッセージ

昨年の宅建試験でも、一昨年に続き新型コロナウイルスのせいで、一部の都道府県で12月試験が実施された。

自らが望んで12月試験になったならまだしも、10月試験を希望していたのに12月試験になってしまった受験生はモチベーションの維持がほんと大変だと思う。

モチベーションの維持に重要な役割りを果たしているものにTwitterがある。

同じ目標を持った仲間の勉強の進捗状況などがつぶさに分かり、「自分も頑張らなければ」と思ったことのある受験生も一人や二人ではないはずだ。

そんなTwitterに、私もこれまで幾度となく受験生に向けてのツイートをしてきた。

これらのメッセージをTwitterの中だけのものにしたくなかった私は、寄せ集めではあるが、ブログに残しておきたいと思った。

今回は、その第3弾である。

すべてのメッセージを頭に入れる必要はなく、たとえ一つでも受験生の心に届くメッセージがあれば、と願っている。


【その一】

私が宅建受験生だった頃、ある合格体験記に「一問一答だけで合格した人の話」が記されていました。
その人は四択過去問や模試などは一切使わず、『パーフェクト宅建の一問一答』のみで合格したそうです。
今の宅建試験とは多少ズレがあるとは思いますが、一問一答の威力を物語るエピソードですね💫

https://twitter.com/PLdILq9hDsVhikJ/status/1426143349099008008?s=09


【その二】

一問一答より四択問題の方が難しいという人、四択問題より一問一答の方が難しいという人、、
両方をしっかり学習してください。
どちらか片方ではなく、両方やることで見えてくるものがあります。
学習の順序としては、一問一答→四択問題がオススメです👍✨

https://twitter.com/PLdILq9hDsVhikJ/status/1427948283276632064?s=09


【その三】

一問一答と分野別過去問(年度別でもよい)をマスターしたら、仕上げに直前予想模試を解くのがベストですが、もう一つやってほしいことがあります。
それは一問一答の中にある「宅建業法」の問題を、何度も回して瞬発力を養うことです。
目的は2つ。時短を実現させることと、個数問題対策です👍

https://twitter.com/PLdILq9hDsVhikJ/status/1428315977180057600?s=09


【その四】

宅建の一問一答は、英語の暗唱例文に通じるものがあります。
英作文は英借文と言われるように、基本例文を暗唱できれば、あとは単語やフレーズを置き換えるだけで得点できます。
宅建の場合も、一問一答の肢が頭に染み付いていれば、多少言い回しが違っていても正誤の判別がしやすくなるものです✨

https://twitter.com/PLdILq9hDsVhikJ/status/1429087829485703174?s=09


【その五】

宅建合格には瞬発力が必要です。
権利関係を除いた分野で、この力は絶大な威力を発揮します。
瞬時に肢の正誤を見抜く力があれば、時短も達成でき、業法の個数問題にも対応できるからです。
最終的には、一問一答の肢や、四択問題の各肢がどれだけ頭に定着しているかが決め手となるでしょう💡

https://twitter.com/PLdILq9hDsVhikJ/status/1429251422592200704?s=09


【その六】

四択過去問には、年度別と分野別(テーマ別、項目別)があります。
各々メリットはありますが、分野別の方が基礎力をつけるのに適しています。
分野別の場合、同じテーマの問題(営業保証金etc.)が連続して登場するため、繰り返し解いていけば短時間でそれらの項目をマスターすることが可能です📝

https://twitter.com/PLdILq9hDsVhikJ/status/1429295227706109955?s=09


【その七】

過去問をマスターし、模試で40点以上をとれるようになると、人って不思議と欲が出てきます。
難問を追いかけるようになるんです。
でもこれって危険で、枝葉の知識ばかり追いかけていると、肝心の本試験日に、根や幹の知識がぽっかり抜けてしまうことがあります。
直前期こそ基礎を徹底させましょう✨

https://twitter.com/PLdILq9hDsVhikJ/status/1430850236960837634?s=09


【その八】

私や息子の健斗は、一問一答→分野別過去問の「勝利の方程式」で合格をつかみ取ることができました。
結局のところ、一問一答や四択過去問の重要肢が、どれだけ頭に定着しているかが合否の分かれ目だと思っています。
本試験日まで、意識的に各肢の論点を頭に定着させるよう努めましょう⚡

https://twitter.com/PLdILq9hDsVhikJ/status/1432630605938716672?s=09


一部、内容が被っているツイートもあるが、そういうメッセージこそ重要なのだと思っていただければ嬉しいです。

f:id:takkensainensyou:20210831184054j:plain