宅建・史上最年少合格者の父による宅建合格ブログ

宅建・史上最年少合格者(当時小6)の父による宅建合格ブログです。これから宅建士試験にチャレンジする方々(特に独学で頑張っている人)に、最短距離で合格を勝ち取るためのノウハウを提供します。ぜひ一読してみてください。

右半分で22点以上がノルマ

──左右に分割された解答欄

いわゆる「5問免除者」を除けば、宅建試験の問題は全部で50題ある。従ってマークシート用紙の解答欄も、全部で50ヶ所ということになる(×4で200ヶ所)。

面白いことに、解答欄の左半分が25で、右半分が25ときれいに2分割されている。

左半分の内訳は、権利関係14、法令制限8、税と価格の評定3。右半分は、宅建業法20、免除科目5で、左右合わせて50題だ。

複雑ではないので、他の資格試験と比べるとマークミスも起こりにくいといえる。

マークシート用紙の各分野の解答欄は、毎年同じで次のようになっている。

f:id:takkensainensyou:20210709202121j:plain

もちろん赤線は引いてない。分野ごとの解答欄がこのような位置にあることは、あらかじめ知っておいた方がいいだろう。

──左右それぞれの目標点数

これは意外に知られていないことなので、ここで少し触れておく。息子の健斗が小5で初受験する直前に、私はこう言った。

「右半分で22点以上を狙うように」

と。右半分とは、マークシート用紙の右半分のことで業法と5問免除だ。

結果、業法は18点あったものの、免除が2点しかなくて涙を呑んだ。その年の合格基準点は33点以上で、健斗は31点だった。

業法で20問中18点を確保し、免除で5問中4点をとる。もしこれが達成できれば、左半分の点数が少々悪くても、合格基準点を上回る可能性が出てくる。

今年の合格点が、昨年の10月試験と同じ38点だった場合、右半分で22点とれていれば、左半分は16点でもよいことになる。

f:id:takkensainensyou:20210709220809j:plain

法令で6点、税と評定で2点なら、権利関係は8点でも合格できるということだ。合格基準点が36点ならば、権利は6点で済む。

左半分でもう2点上乗せできれば、40点の大台だって夢ではない。だからこそ、右半分で22点以上を確保することが大切なのだ。

そもそも難易度も、左半分の方が右半分よりずっと高い。それはもう圧倒的なほど。よって右半分でしっかり得点し、左は6~7割とれればOKということになる。

業法で18点以上、免除で4点以上は、レベルの高い目標設定ではない。現実的に達成可能なものである。分野別の難易度で、一番易しいのが業法、次いで免除なのだから。

──マークシートの読み取り方法

大学入学共通テストや資格試験など、マークシート用紙の試験の採点では、専用の読み取り機を使う。そして試験案内には、HBかBの鉛筆を使用するよう記されている。

もちろん、それには理由がある。

鉛筆でマークするタイプの試験では、マークシート用紙に付着した炭素に、近赤外線を当てて反射を読み取る仕組みとなっている。

だから油性のマジックやボールペンなどはNGである。水性もダメ。このことを知らない受験生が、油性ボールペンでマークしてしまい不合格となった例もある。

単に黒色で塗り潰せばいい、というわけではないのだ。

一部、炭素を含んだゲルボールペンや黒の色鉛筆などでは反応することもあるらしいが、一度マークしてしまったら消しゴムで消せないので使わない方が無難である。

HBかBの鉛筆が推奨されているのは、その芯に含まれる炭素が、最も機械(OMR)に反応しやすいからに他ならない。

こういった当たり前のことを、稀に知らない受験生がいるので注意を促しておく。



資格の大原では、一生モノや就職に役立つ資格取得をサポート【資格の大原】