宅建・史上最年少合格者の父による宅建合格ブログ

宅建・史上最年少合格者(当時小6)の父による宅建合格ブログです。これから宅建士試験にチャレンジする方々(特に独学で頑張っている人)に、最短距離で合格を勝ち取るためのノウハウを提供します。ぜひ一読してみてください。

37条書面【業法】

──37条書面とは?

先の重要事項説明書(35条)が契約成立前に交付する書面であるのに対し、今回の「37条書面」は、契約成立後に遅滞なく交付する書面である。

要するに、正式な「契約書」のことだ。

重要事項説明書と異なる点は、宅建士に交付義務がないこと。交付義務は宅建業者が受け持つ。また宅建士には、書面を説明する義務もない。

ただし「記名押印」は、宅建士がしなければならない。この点は重要事項説明書と同じである。

37条書面を交付する相手方は、買主や借主だけではなく、契約の「両当事者」だ。つまり売主や貸主にも交付しなければならない(交換も同じ)。

──試験対策として

37条書面の記載事項は、記載内容によって大きく2つに分けられる。必ず記載しなければならない「必要的記載事項」と、定めがあれば記載し、なければ記載しなくてよい「任意的記載事項」である。

それ以外に、重要事項説明書と共通するものが5つある点も重要だ。これについては、記載事項の右側に【共通】マークを付しておいた。

また重要事項説明書では、⑴売買・交換⑵建物の貸借⑶宅地の貸借の3つに分かれていたが、37条書面では⑴売買・交換貸借の2つだけである。

これらも重要事項説明書と同様に、各記載事項の末尾に◯✕を添付しておいた。記載が必要なものには◯、必要ないものには✕という具合に。

左側が⑴売買・交換で、右側が⑵貸借である。

f:id:takkensainensyou:20200413162639j:plain

──必要的記載事項

①当事者の氏名・住所 ◯◯
②物件特定に必要な表示(所在・地番など) ◯◯
③既存建物の場合、建物の構造耐力上主要な部分等の状況について当事者双方の確認事項 ◯
④代金・交換差金・借賃の支払時期とその方法 ◯◯
引渡し時期 ◯◯
移転登記の申請時期 ◯
*35条の「登記された権利」とは別もの


──任意的記載事項

①代金・交換差金・借賃以外に授受される金銭の額授受の時期および目的【共通】 ◯◯
*35条にはない「授受の時期」を追加
②契約の解除【共通】 ◯◯
損害賠償額の予定または違約金【共通】 ◯◯
ローンのあっせんが不成立のときの措置【共通】
*35条は「ローンのあっせん“内容”」
契約不適合責任の履行に関する措置および概要(保証保険契約等)【共通】
⑥天災など不可抗力による損害の負担(危険負担) ◯◯
公租公課(税など)の負担 ◯
契約不適合責任の内容に関する定め ◯
*⑤は履行、⑧は内容で区別する


37条書面【業法】|パパリン宅建士
#note「穴埋め問題」あります↓
https://note.com/paparingtakken/n/ncb0aa8fee276

「◯✕問題」もあります↓
https://www.paparing-takkenshi.com/entry/2020/09/24/185256