宅建・史上最年少合格者の父による宅建合格ブログ

宅建・史上最年少合格者(当時小6)の父による宅建合格ブログです。これから宅建士試験にチャレンジする方々(特に独学で頑張っている人)に、最短距離で合格を勝ち取るためのノウハウを提供します。ぜひ一読してみてください。

やる気のない日の対処法

──受験生が心掛けるべきこと

別に疲れているわけではないのだが、何となくやる気が出ない。人間なんて、所詮、怠惰な生き物なんだから、そういう日もあるだろう。

とはいえ、毎日そんな状態ばかりでは、宅建試験に合格できるはずもない。

前にも述べたが、宅建試験に合格するためには、一日平均「2時間」の勉強時間を確保しなければならない。一週間ならば「14時間」だ。

まったく勉強しない日を作るのは賛成できないが、勉強時間を多少減らすのはありかな、と思う。

例えば私の場合、どんなに体調が悪くても、熱が38℃あっても、一日最低「30分」は勉強するように心掛けていた。もちろん、その埋め合わせは週末の土日を使ってしていた。

当時のベストセラー、古市幸雄氏の著書『1日30分を続けなさい!』(絶版中)の影響もあってか、それは継続することができた。

ただし、肉体的に疲れている場合、これはもう寝るしかないと思う。単にやる気がおきないのと違い、肉体的な疲れはあらゆる情報を遮断する。無理やり勉強しようとしても頭に入ってこないのだ。

これは大人に限ったことではない。中高生あたりでもそう。放課後に、野球やサッカー、陸上といったハードな部活動を終えて帰宅した後は、疲れていて勉強どころではない、という経験をお持ちの方も一人や二人ではないはずだ。

息子の健斗もそうだった。健斗は中学生の時「和太鼓部」に所属していたのだが、学校から帰ってきたら、夕食をとる前に「1時間半」だけ寝る習慣があった。夜にしっかり勉強するために、いくらかでも疲れを取り除いておく必要があったからだ。

睡眠というのは、1時間半→3時間→4時間半→6時間→7時間半という具合に、90分を1サイクルとして循環していると、以前に何かの本で読んだことがある。それを実践してみたわけである。

実際、これは健斗には有効だった。勉強中に眠くなることもなく、深夜2時くらいまで勉強するのが日課となっていた。おかげでその後、県内でも3指に入る進学校に合格することができた。

一日最低「30分」のノルマと共に、やる気の維持に効果的だったのは、壁に掛けてあるカレンダーに一日の勉強時間を記録していくことだった。

一日の勉強時間が2時間半だった場合、就寝前にカレンダーに「2.5h」と記す。3時間ならば「3h」というふうに(私は30分刻みで記していた)。

それを毎日記していけば、宅建試験の勉強に費やした月の勉強時間、ひいては総勉強時間も後に判るからである。これも私にとっては、モチベーションの維持に欠かせなかった。

それともう一つ。やる気のない日は、単純作業をやるに限る、ということ。中高生ならば、英単語や英熟語、古文単語、歴史の年代暗記などがそうだ。

宅建試験でいえば、さしずめ「一問一答」を解くことがそれに当たる。四択の過去問を解く作業は、根気がいるし集中力も必要だ。思考力だっているだろう。単純作業とはいえない。

対して一問一答ならば、机の上ではなく、床に寝っ転がりながらでもできる。実際私は、やる気が出ない日は、部屋で一問一答ばかりやっていた。

健斗だってそうだ。私は『パーフェクト宅建の一問一答』を、健斗は『重要肢攻略999』の旧版を、ソファーやベッドでゴロゴロしながら解いていた。

他の人のお手本にならない、はっきりいってだらしない勉強の仕方だが、力になったのは確かだ。

f:id:takkensainensyou:20200305135451j:plain

少し整理してみよう。やる気の出ない日、疲れている日の対処法を並べてみる。

一日最低「30分」は勉強する。
家に帰ったら「1時間半」だけ寝る。
カレンダーに一日の勉強時間を記録する。
やる気のない日は「一問一答」を解く。

今日はやる気が出ないから勉強しない、というのが一番まずい。一週間のうち、まったく勉強しない日が3日以上あったとしたら、危険信号だ。黄色の点滅信号ではなく、赤色の点滅信号である。

──勉強を軌道に乗せる

以前に「継続は力なり」の中でも述べたが、勉強をやったりやらなかったり、というのが一番ダメだ。

一週間で「14時間」の勉強を週末の土日の間に実現させ、平日はまったくやらない、というのでは勉強のリズムが作り出せない。

ある程度の勉強を継続させ、それを軌道に乗せることが何より重要なのだ。

要は「自転車」と同じ。乗り始めはペダルが重いが、段々スピードが出てくるとペダルも軽くなる。軌道に乗せる、というのはそういうことだ。

勉強に不慣れな人ならば、最初のうちは思うようにいかないだろう。テキストを読むだけで苦しいに違いない。しかし、それが習慣化し、軌道に乗りさえすれば苦痛ではなくなる。

いや苦痛どころか、テキストを読むことが、過去問を解くことが楽しくなってくる。

そこまで辿り着ければしめたもの。合格はすぐ目の前まで来ている。合格することがゴールではなく、更にその先まで視野に入ってくる。合格が終着点ではなく、通過点だと認識できるようになる。

それが合格する人としない人の、意識の差かも知れない。この点は重要である。そのためにも、一日でも早く勉強を軌道に乗せてほしい。

何を始めるにしても、最初は苦しいもの。テキストや過去問だって、一回目が一番苦しく時間もかかる。それを乗り越えたら、スピードもアップしてくるし、見晴らしも良くなる。

ロビン・シャーマ氏が著した『3週間続ければ一生が変わる』(海竜社)というベストセラー本も、継続の大切さを説いたものである。

継続して3週間続けられる人は、人生を変えることができる。そう主張する著者は、その分岐点が「3週間」だと言っているのだ。2週間ではなく3週間である。これは私も一理あると思う。

2週間ならば、勢いだけで辿り着けるかも知れないが、3週間となるとそうはいかない。本気でないと3週間は続かないからだ。

最初は嫌々でもいい。我慢して3週間、勉強を継続できれば「軌道に乗る」と私は思っている。

初学者の方こそ、この3週間の継続学習を実践してもらいたい。そこで何らかの変化があるのかないのか、自らが実践して試してほしい。

決して損にはならない、と思うから。