宅建・史上最年少合格者の父による宅建合格ブログ

宅建・史上最年少合格者(当時小6)の父による宅建合格ブログです。これから宅建士試験にチャレンジする方々(特に独学で頑張っている人)に、最短距離で合格を勝ち取るためのノウハウを提供します。ぜひ一読してみてください。

じっくり派とスピーディー派

──テキストvs過去問

宅建試験では、テキストはもちろん重要だが、過去問はテキストの何倍も重要である。

早い段階でそれに気付けば、初受験での一発合格も夢ではないのだが、如何せんテキスト信者が多すぎる。完璧主義者ほどその傾向が強い。

テキストそのものを否定しているわけではない。あくまでも比重の問題だ。そもそも600ページを超えるテキストを、隅々まで理解して記憶することなど我々凡人には不可能である。

以前に「テキスト至上主義の弊害」の中でも述べたが、テキストは軽くさらっと読んで、過去問学習に時間を費やす。これが最短ルートで宅建試験に合格するための、言わば「王道」なのだ。

そして、このテキストにウェートを置くか、過去問にウェートを置くかの議論と共に、もう一つ見極めておかなければならないテーマがあった。

──じっくり派、それともスピーディー派?

f:id:takkensainensyou:20200220204247j:plain

私は「パパリン宅建士」の名でTwitterもやっているのだが、昨年の夏前に、あるフォロワーの女性から、勉強法のアドバイスを求めるDMが届いた。

その中に、

「過去問は何周するべきでしょうか?」

という質問があったが、まず受験生には、過去問をじっくりと解いていくタイプと、スピーディーに解いていくタイプの、概ね2種類のタイプに分かれることを私は彼女に伝えた。

ちなみに私はじっくりと解いていく派で、息子の健斗はスピーディーに解いていく派である。

じっくり派は、過去問を3~5回転させればほとんどの問題をマスターできるが、スピーディー派は、10~20回転はさせなければならない。

そのフォロワーの女性は、私の見立てではスピーディー派だと思ったので、そのことを本人にDMで伝えた。そしたらその女性の方も、

「私も自分はスピーディー派だと思います」

と返信してきたので、私は彼女に、少なくとも過去問を10回転させるようにアドバイスした。

サブノートは作らないが、テキストや過去問に書き込みをする私のようなタイプはじっくり派

反対に、書き込みはほとんどせず、一気にテキストや過去問を読み終えてしまう健斗のようなタイプはスピーディー派といえる。

使用していた過去問の画像をアップするが、じっくり派の私が使った過去問はこんな感じ。↓

f:id:takkensainensyou:20200220204154j:plain

対してスピーディー派の健斗が使っていた過去問はこんな感じである。↓

f:id:takkensainensyou:20200220205628j:plain

私は解説部分の画像で、健斗は問題文の画像という違いはある。しかし健斗の過去問には、解説部分にまったく書き込みはない。あるのは何回繰り返したかを示す問題文の上のレ点のみだ。

3箇所ある□のチェック欄に、最初は鉛筆でレ点を付け、その後は赤いボールペンでレ点を付けていった様子が見てとれる。レ点の数は合計21個だ。

スピーディー派は、じっくりと問題文を読んで解かない代わりに、回転数は半端なく多い。回転数が増えるたびに段々と精度が高まっていくのだろう。

そういう意味では、私と健斗の勉強法は真逆だったと言えるのかも知れない。

どちらのタイプが正解で、どちらのタイプがダメだというわけではない。正反対の取り組み方であっても、合格を手にしたという点は同じなのだから。

今、私が皆さんに言いたいのは、自分がどちらのタイプなのかを早い段階で見極めて、本試験まで、それぞれのタイプに応じた回転数を目標に頑張ってほしいということだ。

それができれば、過去問の正解率95%以上も自ずとクリアできるようになる。