宅建・史上最年少合格者の父による宅建合格ブログ

宅建・史上最年少合格者(当時小6)の父による宅建合格ブログです。これから宅建士試験にチャレンジする方々(特に独学で頑張っている人)に、最短距離で合格を勝ち取るためのノウハウを提供します。ぜひ一読してみてください。

95%以上が合格ゾーン

──8割では合格できない

95%以上。もちろん宅建の本試験での正解率のことではなく、過去問の正解率のことだ。

一問一答集にしろ、四択の過去問集にしろ、最終的には「95%以上」の正解率を目指してほしい。いや、目指さなければならない。

2~3年前に、ネットで

「過去問で40点を取れるようになったのに、宅建試験に合格できなかった」

という書き込みを見たことがある。2~3年前だから、合格基準点が35点の年だ。

その人(男性)は、最初のうちは過去問を解いても半分の25点も取れなかった。しかし、何度か繰り返しているうちに各年度の合格基準点を突破し、本試験前までに40点に届くまでになった。

それで満を持して本試験に挑んだが、残念ながら数点足りずに合格することができなかった。

「過去問をやり込めば宅建試験に合格できると聞いていたのに、、」

と呟き、意気消沈していたという。

彼が目の前にいたら、私はこう言うだろう。

「なぜ正解率を95%以上にしなかったの?」

正解率95%以上は容易いことではない。年度別過去問でいえば48点以上。統計問題は計算に入れないから、実際には47/49点=95.9%。

過去10~12年間のすべての年度で、この47/49点以上の点数をクリアして、ようやく95%以上の正解率を達成したといえる。

宅建試験は、他の法律系の国家試験と比べても、過去問の「焼き直し率」が高い試験である。合格基準点が35点の年でおよそ7割。33点だと6割前後。一昨年の合格基準点が37点だった年で8割ほど。

行政書士試験の過去問の焼き直し率が約4割と言われているので、宅建試験の約7割というのが、いかに高いかがお分かりいただけると思う。

例外的に、平成26年度(32点)と27年度(31点)は、焼き直し率が5割を下回っていたという予備校の分析がある。この2年間を除外して考えれば、宅建試験の過去問の焼き直し率は、およそ6~8割。

この焼き直し率が高いと合格基準点は高くなり、低ければ基準点は下がる傾向にある。宅建試験の難易度は、問題の難易度より、焼き直し率が高いか低いかで決まっていくような気がする。

通常の年であれば、過去10~12年の過去問をやり込めば「35点」は得点できる。初出の問題が15問あったとして、それらの問題を勘でマークするだけで3~5点が加算されるから、実際には38~40点くらい得点できる計算になる。

もちろんケアレスミスも考えられるから、そこから1~2点ほど減点して計算しても、合格基準点は十分にクリアできていることになる。

私の場合、一問一答も四択の過去問も、正解率が9割ではまだまだ不安でいっぱいだった。だが正解率が93%、94%と徐々に上がっていき、95%を超えたあたりで「合格ゾーン」に到達したと感じた。

特に根拠があったわけではないが、感覚的にそう思えたのだ。9月末に『ウォーク問』3冊で95%以上の正解率を叩き出した後に、LECの『直前予想模試』を時間を計って解いたら、39~44点(4回分)という得点だった。私は正直、

「いける!」

と思った。しかし慢心はダメだ。この後も、本試験前まで『ウォーク問』を続けていった結果、最終的には98%を超える正解率にまで到達していた。しかも間違えたのは税の一部のみ。権利関係、宅建業法、法令上の制限の3分野はすべて正解だった。

私が私の中で「合格」を確信した瞬間だった。

──分野別と年度別の違い

春先から夏にかけては「一問一答」に専念した方がいい。正答率が95%以上に到達するまで、一問一答から離れるべきではない。分野別や年度別の過去問に手を付けるのはその後で十分だ。

一問一答の正答率が95%に達したら、次にやるべきは「分野別過去問集」である。分野別過去問をやるメリットは、もちろん四択問題に馴れるという意味もあるが、なにより同じ項目の問題を集中的にこなせる点が大きい。

例えば権利関係の「代理」の過去問を解こうとしたら、8~10問ほど連続して代理の問題を解くことになる。当然、その項目の力が付くようになる。

これを「年度別過去問集」で実践しようとすると、まず各年度ごとに代理の問題を探し当て、それを一つずつ抜き出さなければならない。面倒だし、知識も断片的になりやすい。

ましてや各年度ごとに問題を解くだけでは、一つの項目に特化した学習などできるはずもない。メリハリなく全体を俯瞰するだけで終わりかねない。

もちろん「年度別過去問集」にもメリットはある。まず各年度の合格基準点が明記されていること。そして年度別だから、50点満点で点数が付けられるので、今の実力を数値化することができる点だ。

ただし、かなりの実力者が、本試験前に解けばそれなりの成果は得られるだろうが、初学者の方が、早い段階で手を付けるようなものではない。

──年度別過去問の注意点

仮に、初学者の方が早い段階で「年度別過去問集」を解いたとしよう。平成28年度、合格基準点が35点のときの過去問を解いたとする。

最初だから、点数の方も芳しくないはず。一回目が20点しか取れなかったとしよう。見直しの段階で答えの解説を読んだり、テキストに戻って調べたりするのが普通である。

そういう手順をふんで、また一ヶ月後に同じ過去問を解けば、当然のことながら、前回よりも点数が上がっている。30点に届いているかも知れない。

そして3周目あたりで、合格基準点を上回るようになる。仮に36点だったとする。20点→30点→36点と点数を上昇させ、

「やったぁ、合格基準点を突破したぞ~!」

と手放しに喜ぶのであろうか?

ちょっと待ってほしい。同じ問題を繰り返し解けば、点数が上がるのは当たり前だ。その点数は、実力で勝ち取った点数ではない。ましてや、合格基準点をクリアしたから「合格」とはならない。

年度別過去問集を使っている(使う予定の)皆さんは、このことに留意しなければならない。年度別過去問を解いたときの点数で、本当に意味のあるのは最初の点数だけである(上記でいえば20点)。

そこから徐々に点数を上げていき、最終的に95%以上の正解率にしなければならない。そこまで持っていくことで、ようやく「合格ゾーン」が見えてくるのだ。分野別でもそれは同じである。

最初の点数から95%以上の正解率に達するまでの途中の点数は、単なる通過点に過ぎない。たとえ合格基準点を超えようと、40点に到達しようと、そのことで一喜一憂することではないのだ。

過去問というのは、基本的には、全問正解するまで繰り返す必要がある。95%以上の正解率というのは、合格するための最低限のノルマなのだ。

過去問はできて当たり前。95%以上の正解率にまで到達して、初めて「合格ゾーン」が射程に入ってくる。合格レベルにある他の受験生たちと、堂々と競い合えるようになるのだ。

年度別の過去問集を用い、何回転かさせた後に、ある年の点数が40点に届いたからといって安心してはいけない。合格できると思ってはいけない。

それは壮大な錯覚であり、幻想である。

一問一答にしろ、分野別過去問にしろ、年度別過去問にしろ、必ず95%以上の正解率を目指す。

それができなければ合格は厳しいし、できれば合格する。皆さんが過去問で目指すラインは、各年度の合格基準点でもなければ、40点でもない。何度もいうが、95%以上の正解率である。

f:id:takkensainensyou:20200214140532j:plain

最後に、私と息子の健斗が使った「分野別過去問集」の最終的な正解率を示しておきたい。健斗の場合、一年目に『ウォーク問』も使用したが、二年目の合格した年は『どこでも過去問』だった。

・私=LECの『ウォーク問』3冊
  最終正解率→98.4%
・健斗=日建の『どこでも過去問』3冊
  最終正解率→100%