宅建・史上最年少合格者の父による宅建合格ブログ

宅建・史上最年少合格者(当時小6)の父による宅建合格ブログです。これから宅建士試験にチャレンジする方々(特に独学で頑張っている人)に、最短距離で合格を勝ち取るためのノウハウを提供します。ぜひ一読してみてください。

人は感化し、感化されるもの

──病院の待合室で

たわいないエピソードを一つ。

私には年老いた母がいる。父はもう他界していない。かれこれ10年ほど前の話だが、母は胃腸が弱く、月に一度、豊田市にある胃腸科の専門病院へ、私が有給休暇をとって車で送り迎えをしていた。

当時はまだ、私も宅建の勉強を始めたばかりで、外出時は常にテキスト(『まる覚え宅建塾』のこと)を持参し、暇があれば眺めていた。病院の待合室にいる時も、必ずテキストを開いていた。

待合室は、ぐるっと円を描いたような広々とした空間で、壁側にソファーがあり、一様にそこにいる人たちの表情が分かるような仕様になっている。

そんな中、私だけがテキストを開いて勉強している様子が、他の人々にまる見えだった。

向こう側には、中学生か高校生らしき2人の男性患者がいた。不思議そうな顔でこちらを見ていた。2人はお互いが少し離れた場所に座っていたから、恐らく友達ではないのだろう。私は特に気にすることもなく、テキストに集中していた。

翌月、私はまた母を同じ胃腸科の病院へ連れていった。待合室には、例の2人の中高生(?)がいた。

ところが先月と様子が違った。なんと2人とも、テキストを開いて勉強しているではないか。いつも私だけが勉強していたので、新鮮な驚きだった。

きっと私が勉強している姿を見て、感化されたのだろう。中・高生の頃にはよくあることだ。そう思うと私は、何故だかニヤリと笑みがこぼれた。

彼らはその後も、毎月のように待合室で、テキストなり問題集なりを開いて勉強していた。

こういう何気ない日常で、人は感化されることがあるんだ。私にとってはたわいないエピソードだが、何故だか忘れられない出来事であった。

*母は、令和2年11月13日未明に亡くなりました。享年80歳。死因は膀胱がんでした。

f:id:takkensainensyou:20200208004713j:plain

──一方、我が家では

私が宅建試験に受かった年(2010年)、息子の健斗はまだ小学2年生だった。この年の6月に、四谷大塚が無料で主催する「全国統一小学生テスト」に私が応募し、健斗が受けることになった。

私が言うのも変だが、健斗は小さい頃から物覚えがよく、小学校に入学する前には九九を完全にマスターしていた。小学校での成績もトップクラスで、少し天狗になりかけている点が気になった。

だから私は、健斗に

「上には上がいるんだよ」

と教えてやりたくて、このテストを受けさせることにしたのだ。国語と算数の2科目のテスト(各150点の計300点で全国順位などを決める)。

テストは6月上旬にあり、2年生は全国で1万5千人余りが受けた。健斗は、

「まあまあの出来かな?」

と言っていた。約2週間後に成績表が自宅に郵送されてきた。封を開けてビックリ!

健斗の成績は、全国で「32位」、県内で「2位」という信じられない成績だった(300点中271点)。

これには私も驚いた。小学生テストの問題は決して簡単ではなく、算数の最後の大問など、全国平均の得点率が5.7%しかないのだ。塾にも通っていないのに、まさかこれほどとは、、(親バカ全開)

f:id:takkensainensyou:20200208005012j:plain

確かに「上には上がいた」のだが、その数は僅かなもの。天狗の鼻をへし折ってやるつもりが、逆に私が腰砕けになる有り様だった。

とはいえ、この健斗の成績が私を奮い立たせてくれた。約4ヶ月後に控えていた宅建試験で、私は合格を勝ち取ることができたのだ。

まず私が健斗に感化され、それによって合格を手にした私が、今度は健斗を感化し、4年後に

「宅建の史上最年少合格」

という名誉を手に入れたわけだ。

誰かの頑張りが自分に影響を与え、また自分の頑張りが誰かに影響を与える。家族だけではない。学校や職場でも、そういった相乗効果はあるものだ。

あなたの頑張りは、必ず誰かにいい影響を与える。TwitterなどのSNSでもそうだ。頑張っている人がいれば「自分も頑張らなければ」と思うはず。

この記事のタイトルのように、「人は感化し、感化されるもの」である。

今年の宅建試験に挑もうとする皆さんの頑張りは、決して一人だけで完結するものではない。必ずや誰かを感化し、それが無限の拡がりを見せる。

負の連鎖ではなく「正の連鎖」である。私は皆さんにも、その一助になってほしいと願っている。