宅建・史上最年少合格者の父による宅建合格ブログ

宅建・史上最年少合格者(当時小6)の父による宅建合格ブログです。これから宅建士試験にチャレンジする方々(特に独学で頑張っている人)に、最短距離で合格を勝ち取るためのノウハウを提供します。ぜひ一読してみてください。

周辺知識について

──答と解説だけでは足りない? ──最初から周辺知識を意識しない ──学習の順序とお勧め教材 ──答と解説だけでは足りない? ほんの10年前までは、宅建は過去問だけで合格することが可能だった。ところが近年の宅建試験では、過去問だけでは不足するので「周辺…

実力を可視化する

──チェックペンは有効か? ──チェックペンのデメリット ──実力は数値化しないと測れない ──チェックペンは有効か? 暗記ペンというものがある。教科書の重要語句に赤色でマーキングして、緑色の透明シートを上から被せるとその重要語句が黒くなって見えなく…

受験に向けての心構え

──短絡的な情報に惑わされるな ──たとえ少しでも毎日勉強する ──途中で教材を買い換えない ──一問一答のマスターに全集中 ──短絡的な情報に惑わされるな SNSなどに流れてくる情報に、宅建は「100時間の勉強で合格できる」「1ヶ月前から始めれば大丈夫」など…

2021年度の合格プラン

──方程式を描く ──第一段階の推薦教材 ──第二段階の推薦教材 ──その他の推薦教材 ──権利が先か、業法が先か? ──方程式を描く 4月初めから本試験までの大まかな計画(合格プラン)を提示しておきたい。一応、独学者向けのものだが、資格スクールに通っている人…

きっかけと決断力

──私がブログを始めた理由 ──決断力が合格をあと押しする ──私がブログを始めた理由 平成22年度に私は宅建試験に合格し、すでに10年以上の歳月が流れている。その間にも、私は宅建試験の動向を注視してきた。途中、息子の健斗が平成26年度の宅建試験に合格し…

宅建士 出るとこ集中プログラム

──吉野先生からのメッセージ ──シンプルかつ無駄のないテキスト ──過去問学習のデメリット ──吉野先生からのメッセージ 3月3日の午前、吉野塾の吉野先生ご本人から私宛にDMが届いた。「ご迷惑でなければ、摂書(宅建士 出るとこ集中プログラム)をお送りさせ…

分野別過去問集(2021)

──はじめに ──大容量タイプをランク付け ──コンパクトな分野別過去問集 ──はじめに 年度別過去問集の市販本は、ほとんどの場合、10~12年分の過去問が収められている。数にして500~600問(題)くらいである。対して「分野別過去問集」は、理由は不明だが二極…

時効の完成猶予と更新【権利】

──時効の完成猶予 ──時効の更新 ──まとめ&一問一答 ──時効の完成猶予 下記のような“一定の事由”が発生すると、所定の期間、時効の進行をストップさせることができる。これを「時効の完成猶予」という。 【一定の事由】①裁判上の請求 ②支払督促 ③和解・調停…

12月試験の合格発表とその後

──令和3年2月17日 ──正式な合格発表とその後 ──令和3年2月17日 いつも自分のことのように、この日、この瞬間を待ちわびている。昨年の12月27日に行われた宅建試験の合格発表日である。正式な発表は午前9時30分からなのだが、17日に日付が変わった直後に、住…

一問一答式を斬る(2021)

──なぜ一問一答式なのか? ──一問一答式をランク付け ──なぜ一問一答式なのか? 私が唱えた勉強法に「勝利の方程式」というものがある。▶勝利の方程式とは? https://www.paparing-takkenshi.com/entry/2020/02/11/011433それは宅建の勉強を2つのステップに…

5つの意思表示【権利】

──はじめに ──心裡留保〔93条〕 ──虚偽表示〔94条〕 ──錯誤〔95条〕 ──詐欺又は強迫〔96条〕 ──意思表示のまとめ ──はじめに 意思表示による契約は、申込みと承諾によって成立する。ここでは意思表示に欠陥のある契約を5つ取り上げ、順に解説していく。宅建…

宅建教材をセレクト(2021)

──はじめに ──第一段階の教材〔初学者向け〕 ──第一段階の教材〔リベンジ組向け〕 ──第二段階の教材と総括 ──はじめに 一昨年、昨年と同様に、2021年も宅建試験の勉強の過程を「第一段階」と「第二段階」に分けて進めていこうと思う。今から7月末までを第一…

12月試験の合格点予想

──はじめに ──12月試験の難易度は? ──12月試験の合格点を予想する ──はじめに 12月27日(日)、コロナ禍で大変な中、今年2度目の宅建試験が行われた。冬に行われた初の宅建試験。コロナ対策と寒さ対策をしなければならない過酷な状況。そんな試験に果敢にチャ…

免除科目で4点以上を狙う

──5問免除科目とは? ──各免除科目の勉強法 ──5問免除科目とは? ご存知のように、宅建試験の全50題のうち、最後の5題が免除科目である。登録講習を修了した5問免除対象者を除き、一般受験生はこれらの問題を解かなければならない。例年の割合としては、約8…

景表法の2択問題【免除】

──景表法の目的と試験対策 ──2択問題(その一) ──2択問題(その二) ──景表法の目的と試験対策 景表法を略さずにいうと「不当景品類及び不当表示防止法」で、一般消費者の利益を保護することを目的としている。要するに、不当な表示や広告を禁止するための法律…

住宅金融支援機構法【免除】

──この法律の目的は? ──機構の主な業務 ──フラット35 ──この法律の目的は? 民間の金融機関が、住宅ローンなどの長期固定の低金利の貸付けをするのは難しい。これまで旧・住宅金融公庫が直接融資するなどして行ってきたのだが、平成19年4月1日から、独立行…

住宅瑕疵担保履行法【業法】

──この法律の意義とは? ──資力を確保する方法 ──届出義務と罰則 ──この法律の意義とは? 宅建業者が「自ら売主」となり、宅建業者でない買主に新築住宅を引き渡したとする。この場合の新築住宅とは、工事完了日から起算して1年以内で、かつ人の居住に供した…

業法の個数問題を分析する®️

──はじめに ──個数問題【問27】を分析する ──個数問題【問29】を分析する ──個数問題【問37】を分析する ──個数問題【問40】を分析する ──総括すると、、 ──はじめに 毎年、宅建の受験生を悩ませているものに「個数問題」がある。昨年の10月試験でも、宅建業…

令和2年度 宅建合格発表(10月試験)

──フライング発表と合格予想点 ──そして正式な合格発表へ ──フライング発表と合格予想点 毎年恒例のことだが、宅建試験の合格発表日、日付が変わった深夜0時過ぎに、Twitterやfacebook上で合格点と合格率がフライング発表される。12月2日の午前0時過ぎに、住…

残り一ヶ月のカリキュラム

──ターゲットを絞り込む ──使用教材を絞り込む ──4週間のカリキュラム ──ターゲットを絞り込む 12月27日(日)の本試験まで、残り一ヶ月となった。これからの一ヶ月間でどこまで追い込めるかが勝負となるが、ある程度ターゲットを絞り込んで解説していきたいと…

12月試験のヤマ

──はじめに ──権利関係のヤマ ──法令上の制限のヤマ ──税と価格の評定のヤマ ──はじめに 10月試験の分析から、ある程度は12月試験の出題項目を予測することができる。満遍なく学習した方が良いのはもちろんだが、時間のない受験生や、戦略を重視する受験生が…

宮嵜先生と初対談~in名古屋®️

──令和2年11月10日 ──宮嵜先生と初対面、そして対談へ ──令和2年11月10日 私が宅建試験に合格したのが、今からちょうど10年前の2010年のこと。その当時から、私は宮嵜先生の名は存じ上げていた。その後もずっと第一線で活躍されており、私からすれば、まさに…

これだけ!まんが宅建士(2021年度版)®️

日建の『これだけ!まんが宅建士』の2021年度版が昨年10月に発売された。これまで3分冊で発売されていたものが、今回から1冊にまとめられ、値段も3分冊のときの合計金額より若干安くなった(税込2,420円)。一昨年と昨年の2年間に渡って、私はこのまんが本の「…

合格予想点を考察する(10月分)

少し遅くなってしまったが、10月の本試験に頑張って挑まれた皆さんに敬意を表したい。結果がどうであれ、この経験は、今後の皆さんの人生に必ずいい影響を与えるものと信じる。まだ12月試験があるので、その人たちにも頑張ってもらいたいが、とりあえず10月…

本試験を迎えるにあたって

──本試験までに抑えておくべき項目 ──当日の持ち物チェック ──その他、注意すること ──そして最後に、、 ──本試験までに抑えておくべき項目 【超重要な3記事】▶重要事項説明書の◯✕問題 https://www.paparing-takkenshi.com/entry/2020/09/22/193629▶37条書面…

土地・建物の2択問題【免除】

──問いの49、50番 ──土地の2択問題 ──建物の2択問題 ──問いの49、50番 受験生の約8割は、46~50番までの「免除科目」を受ける。しかし、この免除科目に時間を注げない人が大半ではないだろうか?免除科目は比較的易しいが、いくら易しくても、ノー勉で3点以…

免許と登録の欠格要件【業法】

──はじめに ──免許の欠格要件 ──登録特有の欠格要件 ──はじめに 宅建業を営む上で必要な免許には、知事免許と国土交通大臣免許がある(5年間有効)。ただし下記のように、「免許の欠格要件」に該当する者は免許を受けることができない。宅建試験に合格する(一…

短時間で1点とれる3項目etc.

──はじめに ──費用対効果の高い3項目 ──5問免除について ──はじめに 私は以前に、宅建試験の直近10年間の項目ごとの出題頻度を◎◯△で表して記事にしたことがある。「試験に出るとこ出ないとこ」というブログ記事がそうだ。▶試験に出るとこ出ないとこ https://…

ラストスパート 9のつぶやき

受験票の発送も始まり、真に「ラストスパート」というべき時期に入った。これまでTwitterでのツイートをまとめ、簡単な解説を加えるなどして2度記事にしてきたが、今回はその第3弾となる。このような形の記事としては、恐らくこれが最後になると思う。わずか…

契約不適合責任【権利】

──契約不適合責任とは? ──買主が主張できること ──責任追及ができる期間 ──その他、抑えておくべきこと ──契約不適合責任とは? 売主と買主との間で売買契約が成立した。売主は目的物を買主に引き渡したが、その目的物は、種類、品質、数量、権利に関して、…